今回は自己紹介をしたいと思います。(今回だけ営業のネタ切れです。)
私は1955年宮崎県と熊本県との県境の田舎に生まれました。
今年還暦60歳になります。

幼少の頃は電気も無く今では考えられませんが、ランプと囲炉裏・風呂は外に有、
カンテラといってガラス張りの木箱に蝋燭を入れそれを明りに風呂の場所に行って
おり、そんな生活でした。

それからしばらくして電気が通ったと記憶しておりますが、
そのせいか目に見えない電気がどうして明るい光を出すのだろうと不思議に思い、
それ以来、電気に興味を持ち小学生の頃にはラジオを作るようになりました。
ゲルマラジオと言ってダイオードとコイルを使用したNHKしか受信できない簡単な
物から始まり、5年生の頃には真空管を使った5球スーパーラジオを作りました。
当時は貧乏で部品等を買うお金がなかったので、壊れたラジオやテレビを貰い
部品や真空管を取りはずしそれを利用して作っておりました。

中学、高校になるとギターアンプやレコード鑑賞用のアンプを作りました。
もちろん、市販されているアンプには到底勝つ事はできませんがコンデンサーや
抵抗を交換することにより微妙に音質が変化したり暗闇の中に仄かに光る真空管の
光に言葉にできない魅力を感じておりました。
今でも当時が忘れられず時間があればオーディオを楽しんでおります。

振り返ると趣味の範囲で言えば、ランプの生活から裸電球・真空管ラジオ・IC・LSI等
すごいスピードで世の中が発展しているのだなと思い知らされます。
私自身も時代に乗り遅れないように瑞々しい感性を持ち続けたいものです。